優しいシニアドッグライフ no2  老犬介護

前回は長生きさせる秘訣を書いてきましたが
今回は老犬介護ついてです・・

とれとれ 044





犬を飼ったら 最期まで面倒をみるは当たり前ですが今まで沢山の思い出とともに 生活の活力 癒しになったであろう あなたの愛犬に
感謝の気持ちをもって 今度はこちらが癒しになるよう・・

気持ち良く 心穏やかに暮らせるよう 私達が出来る事は何かを 教えてくれました






老齢犬 老齢猫の介護の実際 

歩行の介護
とれとれ 046


  手作りウォーキングベルト とは・・・クリック            作り方     クリック

排泄の介護  
とれとれ 050
  
おもらしをしてしまう ワンちゃん 猫ちゃんにはオムツを利用

オムツにはパンツ式とテープ式があります。

寝たきりになって痩せているワンちやんには サスペンダー式がおすすめ・・

人間用おむつを使う場合・・・クリック

排泄の介護・・自分で できなくなったわんちゃん 猫ちゃんには 手伝ってあげよう。
とれとれ 053


ウンチの場合とれとれ 054


食事の介護    
①食器に入れたフードを自分でたべられる場合はそれがベスト
②寝たきりになっても 自分で食べられる内はそれを補助
③自分で食べられなくなると 口に入れてあげる

メニュー。。
噛む力や 固い物がたべられない場合は好んで食べてくれる流動食を与える
木の実により 牛乳や鶏ガラスープを加える

自分で食べられない場合は楽な姿勢で食べさせる・・補助する。ドレッシング容器などを使う

お風呂の介護   
とれとれ 063

床ずれの介護   
とれとれ 064


とれとれ 065

床ずれが出来た所にドーナツ枕を置く・・・ 作り方  クリック。

さらだは 包装で使うぷちぷちで作りましたが・・タオルでも良いのですね・・。(^^)

床ずれさせない為には・・
①愛犬の向き(寝返り)をこまめに変えてあげる・・愛犬を抱っこして向きを変えて下さい。
②毛布などを下に敷いて寝かせる。
固いフローリングの上で同じ姿勢で寝かせると まもなく骨がつきだしている箇所に床ずれが出来ます。
長いすの上に毛布やタオルやトイレシートを敷いて寝床を作るのお奨めします。
フローリングの上で寝床を作る場合は 気泡シートを敷き その上に毛布 タオルやトイレシートを強いて下さい。

うじが沸いてしまった 場合  クリック



その他の介護  肛門絞り・  クリック



何時かは訪れる その日・・
まだまだ先でありますように・・・


そして 恋人 相棒 娘 息子 孫が私達よりもずっとずっと年を取ってしまったら。
気持ち良い 穏やかな暮らしを送れる様・・ この記事が少しでもお役に立てば良いなと思います。





ランキングに参加しています。ぽちっと応援して下さると 更新の励みになります~にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村


久しぶりにアジオビ塾日誌 更新しました・・訓練やっと開始しました・・(^^)
訓練の事なら アジ オビ塾日誌 違うと言わない 興味のある方は飛んでみてね
ong>
関連記事

Tags  老犬 介護 オムツ 床ずれ

Comment

ななかーさん #-

そんな日が来ることが・・・

我が家にもそんなふうに愛犬を介護する日が来るのかなぁ。
まだ実感はわきませんが、、、勉強になります。
共白髪。。といいますが、、、我が家は老老介護になるだろうと思いますが、お迎えが来るその日まで、大事にしてあげたいなぁと思います。
貴重なお勉強の情報のシェアーありがとうございます♪
ぽち!っとな♪

2011/10/03 (Mon) 08:45 | URL | 編集 | 返信
ノアママ #R/T0D4oQ

ある方から、いつも出来ていることが急に出来なくなってしまうことに、わんこ自身もショックがあるそうで、それを直ぐにこちらがしてしまうと、もっと落ち込ませるとか・・・・
出来ることはできるだけさせる・・・・これ大事だと思います
プライドのある子なら特にそうなんでしょうね

介護生活も一緒に楽しめるようになるって・・・ちょっとまだ想像の世界なんですが、そうなってほしいなァ~って思います

2011/10/03 (Mon) 10:46 | URL | 編集 | 返信
さらだ #-

ななかーさんへ

> 我が家にもそんなふうに愛犬を介護する日が来るのかなぁ。
> まだ実感はわきませんが、、、勉強になります。
亀レスすみませんですぅ~・・・v-436
小型犬波浪かが遅いし まだまだ実感はわかないと思いますよ
大型犬は早いし 顔が白くなってきますから覿面ですよ。

> 共白髪。。といいますが、、、我が家は老老介護になるだろうと思いますが、お迎えが来るその日まで、大事にしてあげたいなぁと思います。
ななかーさんが老老介護なら家はどうなるのよ?  笑

私の最後は老老介護かな・・ シェパの後 最後の犬はゴールデンと思って居るから
ゴルは老人でも飼えると思って居るので・・それを実現して見せたいと思うわ~♪

> 貴重なお勉強の情報のシェアーありがとうございます♪
> ぽち!っとな♪
いえいえこちらこそ いつもお部強させて貰ってます
応援ありがとうございます

2011/10/09 (Sun) 14:18 | URL | 編集 | 返信
さらだ #-

ノアママさんへ

> ある方から、いつも出来ていることが急に出来なくなってしまうことに、わんこ自身もショックがあるそう
そうなのね
ラッキーたんを看取って 私もそう思いましたですよ
何でもしてあげるのが良いとはいえませんね。

なるべく自分でするよう介助ですよね・・

> 介護生活も一緒に楽しめるようになるって・・・ちょっとまだ想像の世界なんですが、そうなってほしいなァ~って思います
これがねぇぇ~・・無理せず 焦らず 頑張らずでしょうかね。
家の事が疎かになっても 理解してもらえるように 協力して貰うように
声出して 伝えないといけませんね・・
まあ小型犬は大丈夫だと思いますが 大型犬は大変ですから・・

しかし大人しくなってきたら 反対に淋しくなるかもしれませんね。
家ロビンのわんぎゃんが聞きたいなんて思う様になるかも・・・えーーーですけど・・・笑

2011/10/09 (Sun) 14:22 | URL | 編集 | 返信

お礼

始めまして、講演しました佐々木文彦です。私は、長年、毎年15頭ぐらいの犬を研究と学生の教育のために大学の研究室で繁殖・飼育してきました。家庭では高齢犬の世話もしました。また、高齢犬をお世話された飼い主様に取材しました。この結果、「子犬の内から、色々と準備をしておく事が高齢犬の世話に最良である」という結論に達し、「やさしいシニアドッグライフ」という本を執筆しました。
本年の6月に「大阪愛護フェスティバル2011」で「やさしいシニアドッグライフ」の講演を大阪府獣医師会、大阪市獣医師会、動物愛護フェスティバル委員会からご依頼がありました。準備期間(約3カ月)が若干足りないと思ったのですが、ご依頼は光栄であり、私の高齢犬に対する意見を一般の愛犬家に聞いていただけるという事が嬉しくお引き受けしたしだいです。
“さらだ姫と犬きち日記 no1とno2”の内容を拝読して、私の意思を存分にご理解していただいていると、感激したしだいです。ありがとうございました。なお、私のHP(愛犬と楽しく生活するための犬と人の体のちがい)の掲示板のNo.465をご覧下さいますと、さらに私の感謝の気持ちをお伝えできると思います。

2011/10/20 (Thu) 07:13 | URL | 編集 | 返信
さらだ #-

佐々木先生へ

初めまして
つたない我がブログにお越し下さいましてありがとうございます。
先生の掲示板でもご紹介があり
恐縮致しました・・・ ありがとうございます。

先代犬のラッキーが血管肉腫という病気で闘病5ヶ月でお☆様になりました。
介護生活が始る矢先でして
どういう風にしたらいいものか・・・と思ってましたので
先生のお話はすごく これから老犬介護・・
また病で寝たきりになった犬の介護に役立つ物だと思って紹介しました。

先生の 「今までいやしてくれた愛犬への お返し・・・」つて言葉は 
まさにその通で・・
気持ちよい 老犬介護できたら良いなと思ってます。

私は もっともっと介護したかったです・・。

2011/10/20 (Thu) 12:30 | URL | 編集 | 返信

返信

おはようございます。
私は、10月9日に26歳のネコちゃんに会ってきました。寝たきりだったのですが、元気なのに安心しました。一緒に14歳のワンちゃんもいて、寝たきりでした。お母さんは、一生懸命お世話され、楽しんでおられるように感じました。
老人介護の方法が確立されてきたように、一般のお母さんが高齢犬を介護されている方法は大略同じです。介護は辛いと思われる場合もあるかもしれませんが、楽しい方法を見つけ、何年か後に楽しい思い出になれば最高と思います。
セラピー活動は、第二と第三水曜日の午後2時ごろから1時間老人ホームで行っています。参加している犬は、一般の家庭犬で、特に訓練をしている犬は少ないと思います。他の犬とけんかをする犬はお断りしています。小型犬の場合は、ご老人に抱っこしてもらいます。中型犬や大型犬はご老人のそばにいて、頭や体をさわっていただきます。その間に、飼い主はご老人とお話しするのが普通の姿です。「おて」、「おかわり」、「まて」や「歯磨き」を見てもらったりもしています。「ダンス」は大うけだと思います。
リーダーは、10年以上セラピー活動を続けられています。残念ながら、リーダーの愛犬は、2月に14歳で他界しました。あとは、私も含めて3人が5年くらいの参加者で、長い方です。去年の前半までは、参加する犬はせいぜい5頭ぐらいで2頭ぐらいの時もありました。参加者の努力で、最近、ワンチャンの数が急に増え(15頭)ました。数が増えると調整しなければならないことが多々出てきました。今すぐ参加をお願いしたいのですが・・・。私からご案内・お願い申し上げますので、しばらくお待ち下さいます様お願い申し上げます。

佐々木 文彦

2011/10/23 (Sun) 07:42 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts